お香なら【香源香カフェ】

2015年09月25日

お彼岸の再確認

お彼岸の再確認をしておきましょう。


お彼岸は春と秋にあります。
春分・秋分の日と呼ばれる中日を挟んでの前後3日間がお彼岸です。
今年の秋の場合は、9月20日(日)から9月26日(土)で、中日が9月23日(水)です。


真西に太陽が沈む春分・ 秋分の日は、昼夜の長さが等しくなることから、お釈迦さまの教えのかたよりのない考え方『中道』を表すとも言われています。


私たちの現世を此岸(しがんという欲や煩悩にまみれた世界)、 これに対し仏様の世界を彼岸(ひがんという悟りを開いた仏様の世界)と呼ぶのです。


此岸と彼岸が最も近くなると言われるこのお彼岸の時期は、 自然を始めあらゆるものに感謝し、ご先祖様と対話する期間とされて日本人に大切に受け継がれてきたのです。


日本が仏教に敬虔な国であり続けたということがよくわかることでもあると思います。
そして、お彼岸には墓や仏壇にお参りしますが、忘れがちなのが数珠です。
数珠は仏教徒のシンボルとして必要なものなので必ず持参しておきましょう。

higann3.jpg

なお、お彼岸にはお萩やぼた餅を作りますが、これは故人の好物をお供えするということだと思います。
また、おはぎとぼたもちの違いは、春か秋かということのようです。
つまり秋の花は萩、春なら牡丹から来ているということらしいです。


やはり、お彼岸には自然と向き合うという精神が込められているのでしょう
ラベル:お彼岸 墓参り
posted by yasuucare at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓参り 数珠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

一番多い神社

一番多い神社は、八幡神社だというイメージです。
実際に一番多いのかもしれません。


八幡神社の数は日本一多いとも言われているほどです。
もともとは応神天皇の神霊を祀ったものですが、途中で仏教思想が入り(神仏習合)、八幡大菩薩となりました。


何処にでも八幡神社はよく見かけるものです。
それだけ日本人の宗教観が現れているのかもしれません。
つまり、八百万の神で、多ければ多いほどご利益があると・・。


二番目に多いのが稲荷神社のイメージです。
稲荷神社で祀られているのは宇迦之御魂神(うかのみたま)という穀物の神さま。
キツネは宇迦之御魂神の使い(神使)なのです。
古くからの農業国である日本で広く信仰されるのも頷けます。


京都にある伏見稲荷は特に有名ですが、ここでは商売の神様としての位置づけもあります。
人は、それぞれ自分の立ち位置によって神様を選別し、また作り上げたのかもしれません。


三番目のイメージが天満宮です。
天満宮は、受験生の心強い味方です。
今でこそ学問の神さまですが、元は藤原氏との確執で大宰府に左遷され、そこで亡くなった菅原道真の神霊を祭っています。


頭がよかったと言われる菅原道真ですが、お願いすれば入試に通るという訳でもありません。
多くの受験生がおみくじや絵馬を買い求め、合格祈願をしますが、お願いが通らなかったと言って天満宮が訴えられたことは聞きません。
案外受験生も、真剣には祈っていないのかもしれません・・。

goukaku1.jpg

いずれにしても、日本には神社仏閣が沢山あります。
藁にもすがると言いますので、神様らしきところがあれば何にでもご利益を見いだせるのでしょう。
ただ一つの神を信じて殉死する様な思想よりは余程いいと思います。


神社には数珠は不要なものですが、日本人は数珠一つで敬虔な仏教徒に早変わり出来るのですから、そんなところもいいのかもしれません・・。


posted by yasuucare at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓参り 数珠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

納骨堂とお墓

納骨堂とお墓について考えてみたいと思います。
納骨堂とは、墓地に遺骨を埋葬するまでの間、一時的に遺骨を預けるという施設であった経緯があります。


しかし今では、一時的な遺骨の整理先としてではなく、更新可能の期間がある施設となり、恒久的に遺骨を祭祀する施設の役割が大きくなっています。


それは、結婚しなくなった人が増えたり、子供や後継ぎがいない夫婦も増えてきて、自分たちが亡くなった後をどうするのか色々と悩む様になってきたからだと思います。
ただし、ある程度生活に余裕が無いと、そんな先まで考えられる訳ではありません。寧ろ、身寄りが無くて施設で一人ぼっちで亡くなる人の方が多いかもしれません。


後は野となれ山となれで過ごすのか、少しぐらいはあの世のことに思いを馳せるかで違ってくる来るものです。


また、宗教観にもよるのかもしれませんが、今まで無宗教だった人が、いよいよこの世に暮らすのもそう長くないと考えた時に、どんな行動を取るかということでしょう。


もちろん、子供がいても音信不通だったり、あとを任せにくい事情があったり、子供に変に負担をかけたくないという親心というのもあるでしょう。


死んでしまえば何も分からないのだから、どうでもいいと考える人もあるとは思いますが、せっかくこの世に生まれてきたのだから何か足跡が欲しいと考える人もあるでしょう。


尤も、そんな人でも、自分の死後何十年も永代供養をと思う人は少ないかもしれません。
要は永代供養といっても30年か50年あれば十分だと考えるのです。


永代供養は33回忌というのが一つの区切りでしょうか
まあ、それぐらいの期間何とかこの世と繋がりがあれば十分だと思うのは、人生50年の時代ではなく、仮に90年の時代になっても、その1/3ぐらいの割合なら何とか満足できるかなという折り合いの期間かもしれません。
 

でも考えたら、30年以上というのは大変な長さでもあるのです。
やはり、子孫に頼るのではなく、自分で何とかしておきたいと考えて納骨堂を探すのは自然な流れかもしれません。


一方、お墓の場合は、地元に先祖代々のお墓があるというケースが多いと思います。
その場合は、自動的にそこに入ることが保証されている様なものですから、余り納骨堂のことは考えないかもしれません。


しかし、たまにお盆やお彼岸にお墓にお墓に行ってみると、草ぼうぼうで水は干上がり、赤茶けたお花や、苔の生えかけた墓石を見て、どう感じるのでしょうか?


とても住みやすいマンションの様には思えないでしょう。ここに入って肩身の狭い暮らしをするのなら、共同のものでもいいから管理の行き届いた納骨堂の方を選んでおくかな、と考えても不思議ではありません。


つまり、納骨堂とお墓については、後継ぎというより自分の宗教観に左右される部分が多いと思いますね。
数珠を手にして、納骨堂とお墓のどちらを選ぶのか、一度じっくりと考えてみるのもいいでしょうね。


四谷にある東福院。位牌の後ろに骨壷を納骨する

「直接参拝式の納骨堂」でおひとり30万円〜。永代供養墓 6種類・永代使用墓 2種類があります。






ラベル:納骨堂 お墓
posted by yasuucare at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓参り 数珠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

寄る辺なき遺体 悩む自治体「粉骨」も

寄る辺なき遺体や孤独の末路に悩む自治体が「粉骨」も検討しています。


ひっそり無縁墓に入り、お盆に墓参りをする親族もない遺骨が増えているのです。
管理する自治体は置き場に困り、千葉県では一部の市が骨を粉にする「粉骨」による減量化を始めました。
東京都では遺骨の保管年数を短縮する区も登場しましたが、孤独死の増加がその背景にあるのです。


直近の国勢調査で独居世帯が5割に迫るのが東京都です。
朝日新聞の集計では、島を除く区市町村では過去5年、引き取り手がなく行政が火葬や管理をする遺体の数は増加傾向にあります。


昨年度は約550体に上りました。
遺骨の管理は悩みの種で、多くは独自に設けた保管期限後に合葬しています。
その方法とは、引き取り手が無い壺の中の遺骨を床下の深さ1メートルの空間にまいての合葬です。


独居高齢者が増え、死後の備えをしていないケースも目立つといいます。
「行政が後始末してくれると誤解している向きもある」とか・・。


日本の場合は、基本的に仏教だから輪廻の思想が背景にあります。
この世から離れてあの世に行って、再び何かの生を受けて復活するというものですね。


だから、お盆にも先祖や故人の霊が舞い戻ってくるのです。
盆提灯を飾り、お墓を綺麗に掃除してお迎えし、また送り出すという感じです。


その思想をうんぬんするよりも、お盆の間に故人や自分の生き方に思いを馳せ、明日に繋がる元気や喜びが生まれるとすれば、それはこれ以上無い先祖供養かもしれません。


数珠を手にする安心感や喜びは、今の生活に不自由がないという証かもしれません。
お墓や納骨堂、仏壇の前で手を合わせるというのは日本人ならではの行動かもしれませんが、その所作に使われる数珠にも、仏教と共に生きる厳かな雰囲気が備わっているように思います。


hakamairi1.jpg

ラベル:粉骨
posted by yasuucare at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓参り 数珠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

お墓のクリーニング

お墓のクリーニングをやってみましょう。


お盆になれば、先祖や故人が帰ってくるということで迎え火や送り火、盆提灯などを準備するところが多いと思います。
家の中のお仏壇も、真鍮の金具等は磨き粉をつけて綺麗にしておきましょう。


お墓は、直接外気や日光を浴びていますので丈夫な墓石でも、やがて劣化してきます。
特に文字が刻んである部分は、カビが生えたり黒っぽくなったりしやすく、丁寧な掃除が必要です。


お墓は郊外にあり空気は綺麗はずですが、最近では車が通ることも多く、その排ガスや工場の煤、埃、中国からのPM2.5など様々な汚れが付着するものです。
お盆の前には、お墓に行って周囲の落ち葉や雑草を取っておくとともに、お墓そのものを綺麗にしておきましょう。


ただ、掃除をする、磨くと言ってもタワシなどでゴシゴシは厳禁です。
いくら固い墓石といっても傷つくこともあります。
また、コーティングをしてある墓石の場合には、特に注意しなければなりません。


お墓掃除にあれば便利なアイテムは、スポンジ、使い古しの歯ブラシ、雑巾、洗剤などです。
洗剤は、特に石材専用というのがあります。
水で埃を綺麗に落とし、スポンジに洗剤をつけて綺麗に磨いて水をかけ、最後に雑巾で綺麗に拭き取っておくのがいいでしょう。


もちろん、お墓掃除の時にも数珠を持って行って、最初と最後に拝んでおくことを忘れずに・・。
お墓に備える仏花や好物のお菓子、飲み物なども忘れないで下さい。
ただし、お供えのお菓子や飲み物は、すぐに来ることがないのなら持ち帰りましょう。
蟻が来たり野生の動物のえさになってお墓が汚されてしまいます。


お墓のクリーニングには1時間ぐらいはかかると思います。
家族で一緒に綺麗にすることが何よりのご先祖供養かもしれません。
お盆やお彼岸にはお墓参りと、お墓掃除を忘れないでください。


キット、お墓掃除の後は清々しい気持ちになれることでしょう!


hakamairi2.jpg

posted by yasuucare at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓参り 数珠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

お墓の引っ越し 改葬

お墓の引っ越しは改葬と呼ばれます。
改葬には法律上の手続きが必要になります。


改葬の手続きは、墓地埋葬法という法律で決められており、改葬に必要な許可申請書は市町村の役所で手に入ります。
インターネット申請が出来るところもあるでしょう。


改葬許可手続きをして完了するまでには3ヵ月は覚悟しておく必要があると思います。


では、なぜ改葬に踏み切るのでしょうか?


一番の理由は、居住地でしょう。
都会に子供が出てきており、両親が暮らす地方の墓を守ることが難しいというのが多いと思います。
中には、夫の故郷のお墓には奥さんが入りたくないとかいうケースもあり、新たにお墓を立てることも多いとか・・・。


奥さんによっては、旦那さんとは同じ墓に入りたくないけれど、ペットの犬や猫とならいいという極端な話も耳にします・・・。
どうなっているのでしょうね?


とにもかくにも、数珠を持ってお墓参りをしてみることでしょうね!
数珠を持つ心があれば、ご先祖様との対話もかなうことでしょう・・。
posted by yasuucare at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓参り 数珠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

彼岸の中日

2014年の春の彼岸の中日は、今日3月21日(金)です。
お彼岸だからと朝早くにお墓参りをしてきました。


仏教では、生死の苦しみに迷う現世を此岸(しがん)と言い、悟った捏磐(ねはん)の境地を彼岸(ひがん)と言うのです。


この彼岸が春分の日と結びついたわけは、浄土三味経に八王日(立春春分、立夏夏至、立秋秋分、立冬冬至に善行を修すべし)の思想からきています。


また春分と秋分が、昼夜等分で長短のない中道の時で、仏道もまた中道を尊ぶところから、この時に仏事を行なうという考え方が生まれたと言われています。
昼夜が等分になる中庸の思想は仏教では重要なのですね。


中庸というのは、昔の倫理で習った気がしますが、公平な感じがして好きな言葉です。


私のところのお墓があるところは、山のふもとを切り開いて造成した所で、百以上のお墓が建立されています。
造成してからは20年近く経つと思うのですが、まだ場所の権利だけでお墓が建っていないところも2割以上あります。


そんなところの1区画は草ぼうぼうになっているのですが、この彼岸の時期に前には、いつも綺麗に草が引き抜かれ整地されます。
やはり、いつかそこにお墓を立てて自分が入るだろう所なので放ってはおけないのでしょう。


お墓へ行くと、やはり何となく気持ちが引き締まるものです。
先祖や両親、祖父母との接点がそこにあり、否が応でも嘗ての姿、在りし日の姿の一端を思い起こします。


そして、いまの生き方や考え方でいいのかな、なんて瞑想的なことも考えたりと・・・。


彼岸は中庸を大切にする仏教の教えからきているといいますが、こうした時期が年に2度あるというのは、忘れやすい人間にとって様々なことを思い起こさせるという大きな警鐘でもある気がします。
昔の人は色々と考えていたのでしょうね・・。


そんな彼岸の中日です。
たまには数珠を持ってお墓に行けばいいですね。
お墓へ数珠を持っていくのは、ついつい忘れてしまいやすいものですが、数珠の出番なんてそんなに多くないのです。


お墓の前で数珠を手にしていれば、きっと敬虔な人に見られるでしょう。
きっと良いことだと思いますね!


hakamairi1.jpg








ラベル:彼岸の中日 彼岸
posted by yasuucare at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓参り 数珠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

お墓参り 数珠

お墓参りに数珠は忘れてしまい易いものですが、お盆を含めて持っていけばカッコいいものです。


hakamairi3.jpg


ご先祖供養に相応しい気品溢れる二連念珠
108珠 虎目石二連念珠

遙か昔から、タイガーアイは全てを見通す神の目といわれ、手にした者に大いなる財運をもたらすといわれてきました。


また獲物を狙う虎のようにチャンスを逃さず掴み取れるとされ、勝負ごとのお守りとされてきた石。かつては権力者が争って所有したとされるタイガーアイを、上品な念珠に仕上げました。


仏教で煩悩の数といわれる108石を使用。
2連にすることで気品溢れる高級感を醸しだし、お墓参りや法事の席にも相応しい一品です。
この念珠を手にご先祖供養をすることで、悩みや障害が消え大いなる金運を授かることでしょう。


108珠 虎目石二連念珠

108珠 虎目石二連念珠



御燈香 お参りBOX ハンディ

御燈香 お参りBOX ハンディ



posted by yasuucare at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓参り 数珠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
小さなお仏壇



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。