お香なら【香源香カフェ】

2014年05月21日

仏舎利塔 姫路市名古山

姫路市の名古山に仏舎利塔があります。


仏舎利塔は、釈迦の遺骨である仏舎利を納めるとされる仏塔のことです。
一般に仏塔の原型であるインドの「ストゥーパ」の様式をそのまま模して建てられた仏教建築物です。


起源前486年80歳で入滅された釈迦の遺徳を慕って、近くの8カ国から仏舎利分譲の強い懇請があったので、地元のマルラ人たちはそれぞれ国王に分譲したとあります。


やがて分譲をうけた8カ国と地元で、仏舎利をまつるための塔を10ヶ所建てました。これが仏舎利塔の起源です。


なお、仏舎利塔は中国に8カ所、日本には21カ所もありますが、仏舎利が収められているのは日本では3カ所だけの様です。
あとは、経典や宝石が収められているようです。


P1000146.JPG


ところで、お釈迦さまと数珠との関係ですが興味深い話があります。


お釈迦様が霊鷲山(りょうじゅせん)におられたときインド辺境の地にあったハルリ国の王が使いをたててお釈迦様に相談しました。


「わが国は、貧弱であり、賊が侵入しては国中を荒らし、国内には疫病が流行しています。お釈迦様の力でなんとかしていただけないでしょうか?」


お釈迦様は、次のように答えられました。
「むくろじゅの実108個を通して環をつくり、これを常に身からはなさず、真心からみほとけの御名を唱えなさい。これを百回、千回繰り返し、20万辺に満つるときは、心身に乱れがなくなり、人々の心も安楽になり国家も安泰になるであろう。」


「さらに百万遍に至るときには、百八の煩悩業苦も断ち切ることができるでしょう」


このことを聞いたハルリ王は、むくろじゅの念珠をつくり皆に分かち与え、共に念誦したところ、ひとびとに幸福が満ちたといいます。


京都大学の隣に百万遍という交差点があり、多くの市民や学生たちで賑わうところですが、この百万遍という地名もお釈迦さまと関係があるのでしょうか・・?


posted by yasuucare at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

四国八十八か所霊場1200年

四国八十八カ所霊場の開創1200年記念の大法要が、空海の生誕地にある75番札所、総本山善通寺で行われました。


この法要には弘法大師の像を背負った歩き遍路一行200人も到着し参加しました。
歩き遍路とは1400kmを1年余りかけて歩いたお遍路さんで、常に弘法大師と歩いているという同行二人という言葉があります。


背中に背負った高さ30cmの仏像を交代で背負いながらの遍路で、中々出来るものではないでしょう。
弘法大師の考えや夢が蘇ってきたことではなかろうかと想像してみるのですが、どんなものでしょうか?

zyunnrei1.jpg

私たちは数珠といえば、すぐにお通夜やお葬式を思い浮かべます。
仏教に熱心な人ならお仏壇へのお参りやお墓参りでしょうか?


でも、数珠を持って旅行することもあるのです。
それが西国三十三か所や四国八十八ケ所への巡礼でしょう。
それは阿弥陀様へ近づくための旅かもしれません・・。

zyunnrei2.jpg

時間をかけてゆっくりと自然を見ながら巡礼をすれば、体も心も清らかになるような雰囲気がありますね。
そんな時のお伴に、お気に入りの数珠があればいいと思います!

posted by yasuucare at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

天上天下唯我独尊

天上天下唯我独尊とは、お釈迦さまがお生まれになった時に七歩あゆんで宣言されたとされる言葉です。
生まれたての赤ん坊が七歩あゆむとは考えにくいですし、まして言葉を発することも理解できません。


でも、お釈迦様ならありうることかも・・。


天上天下唯我独尊とは、どういうことでしょう?
私達は、六道という6つの迷いの世界を生きていると言われます。
六道とは、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天のことです。
最初の4つは分かるのですが、人と天も迷いの道なのですね・・・。


お釈迦さまが七歩あゆまれたということは、六道の世界から抜け出したことを現しているようです。
そして、私たち一人一人が誰とも変わることが出来ない個人として誕生し、尊い命を生きていくのだということのメッセージだとか・・。


私たち一人一人が大切だということは良く分かります。
また、一生懸命に生きていかねばならないことも。
私達は、かけがいのない命を大切にしたいものです。


そうすれば、どこかでお釈迦さまにお会いすることがあるやもしれません。


お釈迦様の教えは、ただ阿弥陀仏を唱えれば阿弥陀さまが私たちを救ってくださり、安楽国つまり極楽に導いて下さるというものでした。
分かりやすい教えだったので広く支持され仏教が広まっていったのです。

hana1.jpg

仏教は日本に伝来されて以来、多くの宗派を産み日本人の心の支えともなっています。
普段は忘れていても、苦しい時や臨終のときになれば南無阿弥陀仏という言葉が自然と出てくるのは、私たちに深く根付いたものがあるからでしょう。


数珠は、お経を唱える時の回数を数える道具とか言われますが、私たち一般のものにとってお経の回数を数えるなんてことは無縁でしょう。
ただ、仏教と接するのに数珠を持っていればより身が引き締まり、何か導きがある様な感じがするものです。


お釈迦様に思いを巡らす時にも数珠を忘れてはなりません!
posted by yasuucare at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

五劫と数珠

五劫とは時の長さを指します。
ただ阿弥陀さまから後光が差すとか言いますから、まんざら仏教と縁のない言葉でもなさそうです。


その仏教では、正信偈というお経の中に五劫思惟之摂受とあります。
この意味は、阿弥陀さまがじっくりとお考えになって、十悪五逆の罪人や女人をも、すべて漏らさずに浄土に往生させようと誓われたということです。


ここで言う一劫とは、高さ四十里、広さ四十里の大きな石の上に、三年に一度天女が舞い降りて、その羽衣で石をそっと撫でた時に石が多少ちびますが、その石がすべてちびて無くなるまでの年月のことなのです。
想像できないぐらい長い年月だということが僅かに分かります・・。


そして、私達が分かっていることは、たとえば私たちの髪の毛を1本抜いて、それを100等分し、その1つを水に浸した時に滴り落ちる水の量程度で、それに比べて分からないこと知らないことは、大海の水の量ぐらいだから、想像を越えてとても比較にならないとあります。
それほど、私たちには分からないことが多いものなのでしょう。


阿弥陀さまは、その寿命が四十二劫あり、いま成仏してより十劫を経過しています。
数え切れないくらいの長さの劫にも、更に限界があるようです。


ただし、阿弥陀さまは時を超え、私たちが南無阿弥陀仏とさえ唱えれば、私たちの目の前にまで来て下さるといわれます。


その阿弥陀さまにおすがりするのには、やはりそれなりの数珠を持っていた方が失礼がないのかと・・・?
ラベル:数珠 五劫
posted by yasuucare at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

どうして数珠は必要なのか

どうして数珠は必要なのでしょうか?
余り深く考えたことはありませんでしたが、数珠は必要かと問われればハッキリと返事がしにくいものです。


普通には、通夜や告別式、法事などの時には忘れずに数珠を持っていきます。
数珠をして拝めば、より供養の度合いが深まる様な感じがするものですし、当家への配慮とかエチケット的な意味合いもあると思います。


ただし、数珠は本来、お経や念仏を唱えた数を数えるための道具であったはずです。
そこから考えれば、葬儀に数珠というのは少し意味合いが違うかもしれません。


また、仮に外国人の人が参列されたとすれば、日本に住んで長い人でなければ数珠までは持参されないでしょう。
また、それを咎めるということまではしませんね・・・。


更に、キリスト教の葬儀の時には、仏教徒であっても数珠は持参しないでしょう。
こうしてみれば、葬儀と数珠とは必ずしも一体性が無いのかもしれません。


仏教徒の葬儀の場合、宗派によって数珠は違いますが、大抵は略式の数珠、つまり宗派を問わない数珠を使用します。
あるいは、葬式を営む当家の宗派と、参列者の宗派が違うことは多いものですが、参列者の宗派の数珠を持参しても失礼にはなりません。


まあ、こんなふうに考えれば、数珠本来の使い道からしても多少ずれることになるので、葬儀関連などに数珠を持参するのは相手への心配りとエチケットの様なものでしょうか・・・?


基本的には信心で数珠を持ち、故人を敬うと考えるのが一番いい様に思います。
二連の数珠などを持参すれば、より敬意の念が強いように感じますね。


やはり、それなりの数珠は用意しておきたいものだと思います。
posted by yasuucare at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

数珠 1連と2連

数珠は、1連2連と数えます
僧侶ではない一般の人の多くは、1連の数珠を使うことが多いでしょう。


ただし、2連がいけないということではなく、むしろお坊さんと同じ本格的な数珠ということで堂々と数珠を持たれたらいいと思います。
また、2連の数珠は女性が持つことが多いようです。


数珠は宗派によっても違いますし、持ち方にも違いがあります。
でも、正式にそれを親とかお寺さんから習った人は少ないかもしれません。
地域によれば煩く拘る人が多いところがあるかもしれませんが、いまはどちらかと言えば淡白でしょう・・。


結婚に際して、始めて相手の家に出向いて仏壇にお参りをすることがあります。
その時には、白とか赤っぽい房の数珠を使うことが多いと思います。


通夜とか告別式に参列する時は、黒い房の数珠が普通でしょう。
まあ、弔事に関しては黒系統が無難なものです。


数珠玉も種類が沢山あり、女性なら水晶やヒスイ・藤雲石などで水晶やガラスの物で房は紫が多いように思います
男性用は、紫檀・黒檀や虎目石・白檀・星月菩提樹などが多いです。


どんな数珠がいいかで迷われる方が多いのですが、数珠は、いい物を買って長く使うか 安い物で 買い換えて使うかのどちらかだと思います。


私見としては 房などは費用がかかりますが、いつでもいろんな好きな色の房に交換やつなぎ直しなどができるので、いい物を長く使う方がいいと思うのですが・・・。

yjimage.jpg


数珠は1連2連に拘るというより、早く自分で気に入ったものを一つ見つけるのがいいのでは?
とは言っても、お気に入りの数珠というところまでいかない人の方が多い様な気がします・・。


 zyuzu2.jpg
ラベル:数珠 1連と2連
posted by yasuucare at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

数珠 選び方

数珠の選び方は色々ありそうで、案外分かりにくいものです。
まずどんな数珠があって、どんな場面で、どれぐらいの価格のものならふさわしいのか・・・?


あまり堅苦しく考えないで、数珠を持つ気持ちと相手を敬う気持ちが、まず一番に大切なことだとは思います!


ヤフー知恵袋で、数珠の選び方について参考になる記事を見つけました。


(質問)

「数珠は、どのようなもの(色、種類)をお持ちですか?
自分で買った方はおいくら位のものを買いましたか?

ネットショップやオークションなどを見ても正直、種類がいっぱいあって、迷ってしまいます。
どういう基準で選んだらいいのでしょう。

フォーマルが黒に対し、数珠は、カラフルな色がありますが数珠に関しては、目立つ色?でも問題ないのでしょうか。」


確かに色々あって迷ってしまいますね・・・。
そこで、とても参考になる答えでした。


(回答)

「男性は粒(数珠の玉)が大きいでので、石類以外にも「木の実」「彫刻玉」を選べますが、女性用は玉一粒が小さいので、どうしても「石類」となります。

あなたが、「一つは良い物を持ちたい」と思うかどうか、で異なります。


@長く大切に使うつもりの良い物 なら、

・珊瑚・桃色水晶・ほたる石・藤雲石・白真珠 などの宝石類で、房は正絹
・(いずれも淡いピンクか淡い紫色で女性向け。真珠は白。)
・(7000円程度〜○万円、ピンからキリまで)


A安価な物として、

・ガラス玉・色付の人工石 で、房はナイロン(テトロン)
・(いろんな色があります。当然、透明も。)
・(1000円〜)(100円均一ショップでもあります)


B喪家(喪主の妻)や、それに近い親類として、

・黒ガラス・黒人工石・黒真珠 で房も黒色
・(いずれも黒色のもの)(黒いのでパッと見て喪服とマッチする)
・(1000円〜)(100円均一ショップでもあります)


・上記のうち、どれか1つあれば、用は足ります。
・良い物を1つ持ちたいと思うのならば、
Bを葬式用として、@を法事用・寺院や本山お参り用としても良いです。
・勤め先の机の引き出しや車の中にAを入れておくのも便利です。


なお、@のものは、念珠「専門」店で買いましょう。紐が切れても直してもらえます。(実費が必要)」


というものでした。
数珠は一つと決めておかないで、バッグのように普段用、ちょっとした外出用などと使い分けですね・・・。


まあ、使う機会を考えたら、それなりに良いものを一つ、一生ものとして持っておくのが無難な様に思います!


zyuzu3.jpg


ラベル:選び方 数珠 
posted by yasuucare at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

数珠 選び方持ち方

数珠の選び方については、一言ある人が多いかもしれません。
しかし、本当に仏教に身を委ねているという人でなければ、数珠を持つ機会は、お通夜とか告別式に参列する時がほとんどで、あとはまれに仏事に参加したり、家の仏壇にお参りする時ぐらいだろうと思います。


家の仏壇には結構お参りするという人でも、数珠を携えて拝むかどうかは別問題で、お寺さんでもなければ数珠を持つ姿がしっくりと収まる人は少ないでしょう。
少なくともお経の回数を記憶するために数珠を使うなんてことは、ほとんどありえないことですね。

zyuzu3.jpg

となれば、どんな数珠を選ぶかは一般的には価格帯で絞り込むというのが普通ではないでしょうか。
数千円から数万円の間で、それなりにバランスを取るものだと思います。

ただ、数珠は1回購入すれば、それでほぼ一生持つものだと思います。
ですから、1万円か2万円ぐらいのものなら立派な数珠で、どこへ出しても恥ずかしくないし見栄えも悪くないですよ。
このレベルをおすすめします。


そもそも、1本8万円もするゼクシオのドライバーを、調子が悪いからと言って何度も買い替える人がいるのですよ。
ゴルフのドライバーやアイアンと、数珠とは同列ではないかもしれませんが、必要度合いは数珠の方がマストなのです。
考え方のご参考まで・・。


ところで、本願寺などでお坊さんが手にしている数珠は、やはりそれなりに格式がある様になっています。
しかし、我々一般が持つ数珠なら、宗派別の本式数珠というより略式のものがほとんどであり、それで十分ではないかと思うのです。


ただし、数珠を持つ時は敬虔でありたいと思います。
数珠の輪に手を通すという行為は、仏の世界(黄泉の世界)と自分自身を繋ぐという意味があり、数珠を持ち合掌することで、仏によって生かされている命・人生であると気付くことができるという解説がありますが、数珠を持つと何とはなしに身が引き締まる感じがするのも数珠の力かもしれないですね。


そんなふうに考えれば、余りいい加減に数珠を選ぶのも考えものだと思います。
数珠は一生のうちで何度も買い替えるものでもないので、やはりそれなりの物を選んでおくのがいいでしょう


数珠

posted by yasuucare at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

数珠 選び方持ち方

お数珠
の選び方持ち方の基本とは何でしょう・・?


最近、お寺のご住職さんとお話をする機会がありましたので、お数珠の話をしてみました。
まず、どんなお数珠をお持ちなのか見せてもらいますと、やはりプロというか専門家はそれなりの数珠をお持ちでした。


東本願寺の本山で購入されたとかで、何種類か持っておられるのですが、如何にも重厚で使いこなされているという感じなのです。
昔の剣豪が、刀を見れば剣の腕前が分かる様な感じで、やはり良い数珠というのは何となくどっしりとした感じのものです。


それと、やはりお寺さんの身にあっているというか、常の身に着けておられるので袈裟の衣ともピッタリの様な感じがしました。
これはとても素人が近寄れるようなものではない、と引き下がってしまいました。

zyuzu5.jpg

私たちが手にする数珠は、勿論毎日持って動くものではないですね。
仏壇の前に行った時にしか数珠とは無縁な人が多いでしょう。


お通夜やお葬式の時には数珠を持っていきますが、何だか余所行きのモノの様ですね。
どうしたら、あの数珠がお寺さんの数珠と同じような感じにフィットするのか?


そこまで深く考えませんでしたが、やはり形から入るのが一番でしょうか・・。
ともかく、それなりの数珠を手に入れて、機会があるごとに手にするしかないかもしれません。


数珠





posted by yasuucare at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

数珠の持ち方

数珠の持ち方にも作法があるのです。

zyuzu3.jpg

数珠は念珠とも言われ、仏・菩薩さまやご先祖さまを拝む時などに回数を記憶する為のものとされています。


「数を念ずる」「数を記す」そして「念仏を唱えて手を合わす」といろいろな意味合いがあるのです。
ただ、数珠の数は108個もあり、とてもそれだけの回数を唱え念じることなどは難しいですね


やはりお坊さんに任せるのが一番でしょうか・・?


で、数珠の持ち方です。
数珠は、持っているだけで魔除け厄除けとなり、また福を授かると言われているので心して持ちたいものです。
数珠は、座っているときは左手首にかけ、歩くときはふさを下にして左手で持つのがよいのです


また、焼香の時には、ふさを真下に垂らし、親指と他の4本の指にかけて親指で軽く押さえます。
指を伸ばし両手をぴったり合わせて焼香をしたいですね。


ただし、故人を偲び、冥福を祈り気持ちがまず一番ですよ。


そして、出来るなら数珠はそれなりに格好の良いもの、数珠玉の大きなもの、値打ちのありそうなものが良いでしょう
祈りの気持ちは分からないかもしれませんが、数珠に込めた気持ちは数珠を見ればなんとなく想像ができるものです。

つまり、良い数珠なら敬虔な人だなあ・・、と。


四谷にある東福院。位牌の後ろに骨壷を納骨する

「直接参拝式の納骨堂」でおひとり30万円〜。永代供養墓 6種類・永代使用墓 2種類があります。








ラベル:数珠 持ち方
posted by yasuucare at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数珠の持ち方

数珠は特別なもののような感じがしますが、仏様を拝むときの道具のようなものです。
もともとは念仏の回数を記すための道具なのです。
だから、仏様に対するそれなりの気持ちで持てばいいと思います。


数珠は念珠とも言われ、仏・菩薩さまやご先祖さまを拝む時に用いますが、本職のお寺様が使うのと一般とでは多少意味合いも違うかもしれません。
ただ、一心に念じる気持ちは変わらないはずですね。


数珠の持ち方として、座っているときは、数珠は左手首にかけておきます。
歩くときは、数珠のふさを下にして左手で持ちますつ。
長い数珠の場合は二重にしておくといいでしょう。


これが一番多い用途と思いますがが、焼香の時は数珠のふさを真下に垂らし、親指以外のの4本の指にかけて親指で軽く押さえます。
指を伸ばし両手をぴったり合わせて拝むのが良いのです。

zyuzu3.jpg

数珠のふさは、重力もあって下に向くようになっているので、自然に従えばいいでしょう。
数珠の持ち方に拘るよりも、仏様、ご先祖様に対して敬う気持ちを持つのが肝要ですね。


だからというわけではありませんが、100円ショップにあるような余りいい加減な数珠だと、気持ちを疑われるかもしれません。
やはり、それなりの数珠を準備しておきましょう!!
数珠は、一生ものですよ!


四谷にある東福院。位牌の後ろに骨壷を納骨する

「直接参拝式の納骨堂」でおひとり30万円〜。永代供養墓 6種類・永代使用墓 2種類があります。






ラベル:数珠
posted by yasuucare at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
小さなお仏壇



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。