お香なら【香源香カフェ】

2015年11月02日

東照宮も乗り出す墓地経営

東照宮も墓地経営に乗り出しました。


霊園や納骨施設の運営に乗り出す神社が、全国で増えています。
神域にあたる境内は避けて近隣の土地を活用し、全国で約50社にのぼるとの調査もあります。
それは、少子高齢化や宗教離れに直面するなか、安定した収入確保などの狙いです。


そして、何とあの日光の東照宮も墓地経営なのです。


徳川家康の400回忌にあたる「式年大祭」でにぎわう世界遺産・日光東照宮から車で約25分離れた山あいに墓が並んでいます。
それは東照宮が造った、宗教は問わない霊園です。


いま東照宮に氏子はいないのです。
文化財保護などの目的で拝観料を取っていますが、東日本大震災の年は拝観者が30万〜40万人減ったのです。


居住地に関係なく敬ってくれる崇敬者をいかに確保するかが課題で、家康を神に祭る東照宮の関係者は「先祖を大切にすることに結びつく取り組みがふさわしいと考えた」といいます。


神道は死やけがれを嫌うため、神職や神としてまつる人のものなどを除いて、境内に墓は造らないのです


東照宮の場合、境内は世界遺産のエリアでもあります。
そこで6年前にゴルフ場跡地を購入し、約5億5千万円をかけた第1期工事で約3万2千平方メートルを整備し、昨年4月から600基の販売を始めました。


面積3〜8平方メートルで永代使用料は30万〜82万円です。
リーゾナブルな価格の設定だと思います。
いまの申し込みは40件ほどですが、今後、計5千基を予定しているのです。


お寺にお墓は当たり前ですが、神道であってもお墓や納骨堂を考えて宗派にとらわれない祭禮となれば、ある意味で魅力的です。
まして、家康様の日光東照宮です。
きっと全国からも照会が増えていくことでしょう。


時代の変遷を感じざるを得ません・・。


ラベル:東照宮 墓地経営
posted by yasuucare at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
小さなお仏壇



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。