お香なら【香源香カフェ】

2015年09月25日

お彼岸の再確認

お彼岸の再確認をしておきましょう。


お彼岸は春と秋にあります。
春分・秋分の日と呼ばれる中日を挟んでの前後3日間がお彼岸です。
今年の秋の場合は、9月20日(日)から9月26日(土)で、中日が9月23日(水)です。


真西に太陽が沈む春分・ 秋分の日は、昼夜の長さが等しくなることから、お釈迦さまの教えのかたよりのない考え方『中道』を表すとも言われています。


私たちの現世を此岸(しがんという欲や煩悩にまみれた世界)、 これに対し仏様の世界を彼岸(ひがんという悟りを開いた仏様の世界)と呼ぶのです。


此岸と彼岸が最も近くなると言われるこのお彼岸の時期は、 自然を始めあらゆるものに感謝し、ご先祖様と対話する期間とされて日本人に大切に受け継がれてきたのです。


日本が仏教に敬虔な国であり続けたということがよくわかることでもあると思います。
そして、お彼岸には墓や仏壇にお参りしますが、忘れがちなのが数珠です。
数珠は仏教徒のシンボルとして必要なものなので必ず持参しておきましょう。

higann3.jpg

なお、お彼岸にはお萩やぼた餅を作りますが、これは故人の好物をお供えするということだと思います。
また、おはぎとぼたもちの違いは、春か秋かということのようです。
つまり秋の花は萩、春なら牡丹から来ているということらしいです。


やはり、お彼岸には自然と向き合うという精神が込められているのでしょう


ラベル:お彼岸 墓参り
posted by yasuucare at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お墓参り 数珠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
小さなお仏壇



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。