お香なら【香源香カフェ】

2015年08月15日

戒名と値段

戒名に値段があることはよく知られています。


しかも、数万円から数百万円と値段に大きな開きがあることも・・。
人間というのは死んでからも差別が無くならないものなのでしょうか?


戒名というのは、三帰戒(仏、法、僧の三宝に帰依して、仏教の戒律を守る誓い)を受けて、仏門に入った者に与えられる名前のことです。
但し、今では死後に僧侶によって与えられる名で、院号が入れば1ランク上がり、院殿大居、清大姉などになると寺院の懐をかなり温めることになるようです。


尚、浄土真宗では授戒の作法がなく、戒名とは呼ばずに法名と言います。
また、法名は生前に受けることも多く、帰敬式によって授かります。


実は私も帰敬式を受け、わずか2万円で法名を手にしています。
残されたものに負担がかからないようにという有難い親心だと思うのですが・・。


さて、法名をいただいた親ではありますが、残された者は数珠を手にして拝んでくれるのでしょうか・・?



ラベル:戒名 法要
posted by yasuucare at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
小さなお仏壇



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。