お香なら【香源香カフェ】

2015年04月23日

真宗大谷派門主

真宗大谷派門主後継者大谷暢裕(ちょうゆう)さんが東本願寺で初会見をされた。


大谷暢裕さんはブラジル国籍ですが、真宗大谷派約9千寺の門主後継者でもあります。
暢有さんは大谷暢顕門主(85)の従兄に当たり、1歳でブラジルに渡りブラジル育ちです。


ブラジルでは国立航空技術大学でプラズマや炭素繊維を研究し、大学の基礎科学部長を定年退職された異色の門主でもあります。


昨年4月に門主後継者に選ばれ、今年3月に京都へ移住されています。
私は、この門主後継者に帰矯式の儀式を授けていただきました。
チョッピリ自慢でしょうか・・。


大谷暢有門主後継者の承継時期は未定だとのことですが、会見では「東本願寺は、あらゆる人が誰でも集える場所であってほしい。京都を音連れル外国の方々も受け入れられるようにしたい。」と浄土真宗大谷派、東本願寺の国際化の必要性を熱く語られたのです。


浄土真宗に限らず仏教が、もっともっと国際化すればいいですね!


だって、仏教の良い所は数珠一つあれば直ぐに仏教徒になれるし、宗教間での争いも大きなものではありません。
少なくとも殺し合いをする様な宗教でないことだけは確かです。
そんな仏教の良さや数珠が外国人にも伝えられたら、平和への小さな架け橋が見えるのかも・・。


posted by yasuucare at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 浄土真宗 数珠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
小さなお仏壇



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。