お香なら【香源香カフェ】

2015年03月04日

聞思して遅慮するなかれ

聞思(もんし)して遅慮するなかれとは、シッカリと聞いてよく考え思えということで、親鸞聖人の教行信証に出てきます。


聞思とは聞き慣れない言葉ですが、私たちが先入観を持った思いで聞くのではなく、聞いて思えという所に重きが置かれています。


私達は聞きっぱなしとか、ただ単に聞くだけで何も思わない考えないことが多いものです。
それは面倒くさいとも言いますが、世の中のあり様や生き様についても自分の思いがなければ、ただ単に流れに流されてしまうのかもしれません。


そして、ただ単に楽な道や方法を取るだけでは阿弥陀仏の本願にも辿りつけないものでしょう。
知恵を働かすということは結構難しいものですが、自分で思い考えようとすることこそが仏に近づく道でもあると信じます。


仏に近付く努力は易しい様で難しいところも沢山あります。
ともかく、数珠を手にしてみる、数珠を持って手をあわせ拝んで見る念仏してみるということが一番簡単かもしれません。


何事も形から入るのも一つの工夫でしょう!






posted by yasuucare at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
小さなお仏壇



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。