お香なら【香源香カフェ】

2014年08月27日

焼香を禁止 台北・行天宮

焼香を禁止したのは有名な台北・行天宮です。
その理由が大気汚染なのです・・。


台湾のお寺では焼香の煙でモクモクというのがおなじみの光景なのですが、台北の有名寺院、行天宮は26日、境内の香炉を撤去し、焼香せずに参拝するよう来訪者に呼びかけました。


大気汚染への配慮といいます。
「英断」との評価の一方、ほかの寺院からは「まねできない」との声も上がっているようです。


行天宮は毎年600万人以上が訪れ、これまでは香炉が2基置かれていました。
台湾の寺院は一般の居住環境と比べ、微小粒子状物質PM2・5などの数値が5〜16倍高いという研究報告もあり、境内に長くとどまる熱心な信者やボランティアの間で煙による健康被害への不安も出ていたのです。


もともと焼香とは、仏や死者に対して香をたいて拝むことで、線香や細かくした線香、つまり抹香を焚くことを言います。
日本では仏教の宗派によって、焼香の回数や線香を立てるのか寝かせるのかの違いがあります。


台湾では焼香は立ち上る煙で天と結ばれるという意味もあるらしく、焼香の廃止は市民に複雑な感情を与えているようです。


焼香も数珠も気持ちの様な気がするのですが、罰当たりでしょうか・・?


ラベル:行天宮 台北 焼香
posted by yasuucare at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 意味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
小さなお仏壇



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。