お香なら【香源香カフェ】

2014年04月09日

浄土真宗の数珠

浄土真宗には本願寺派と、大谷派があります。
いわゆるお西さんとお東さんということです。
秀吉や家康などの時の為政者によって仏教も大きく影響を受けたのです。


ただ、数珠に関しては違いは無く、本願寺派でも大谷派であっても女性用は二連のお数珠で問題ありません。


なお、2連のお数珠は僧侶が衣をまとった時に持ちます。
1連のお数珠は僧侶に関しては間衣(道中着)の時に持ちます。


一般門徒は男性は一連が多いでしょう。
一方、女性は一連も二連もあります。


材質は、女性用で無難なお数珠は水晶です。
房は白が一番無難だと思いますが、拘らない人も多いようです。



「女性用」



























「男性用」

























posted by yasuucare at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 浄土真宗 数珠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
小さなお仏壇



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。