お香なら【香源香カフェ】

2014年03月27日

数珠と108の煩悩

数珠と108の煩悩とは、どんな関係があるのでしょうか?


数珠玉は108あるのが正式なもので、私たちが多く使っている数珠は、その簡略のものです。
だから108もありません。
108は煩悩の数とも言われますが、多分煩悩はもっと多いはずでしょう・・・。


数珠の108の数は、お経を読むのに繰り返しのフレーズが多いため、何度読んだかを忘れないためだと言われています。
これが現実的で、多分正解ではないかと思います。


ただ、108というのは実際の数というよりは、とても多い数の象徴としての意味もあります。
例えば、煩悩は、8万4千もあるのでそれを108で代用したというような・・・。


ところで、煩悩とは一体何物でしょうか?

bonn.jpg

難しく言えば人間が持っている悪とか毒とかのことで、五悪心とか三毒とか言われるものを指すものと思いますが、簡単には所有欲や食欲、性欲など私たちの心を悩ませるものということだと思います。


私たちには、考えて分かっていることと、そのようの行動することとの間に随分とかい離することろがあります。


例えば、酒やタバコの飲み過ぎは体に悪いと分かっていても中々止められません。
人殺しや物を盗むこと、親不孝をすることは当然悪いこと、倫理に反することだと分かっていますが、ついついそれらを犯してしまうことがあります。
百万円を盗むのは悪いことだが100円なら許されるということでもありませんね・・。


そうした心と行動のかい離を、どのように調整したらいいのかは難しいものです。
法律で罪に対して罰を与えても、後追いに過ぎませんし、それで治ったり解決する問題でもありません。


そうした難しい問題を解決するために、例えば仏教などに投げかけているのかもしれません。
「善人なおもって往生をとぐ、いわんや悪人をや」と親鸞が教えてくれたのは、ただ南無阿弥陀仏を真摯に唱えることが他力本願の心で、阿弥陀仏にただただ縋りなさいということでした。

bon2.jpg

数珠を手にしただけで、そこまでの心境になれないのは、やはり煩悩が多過ぎるからでしょうか


真珠念珠 片手用

真珠念珠 片手用


posted by yasuucare at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 意味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
小さなお仏壇



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。