お香なら【香源香カフェ】

2013年09月30日

数珠の購入について

数珠の購入について教えてください、というヤフー知恵袋の記事がとてもよかったので、ここに記載しておきます。


質問はこうです。

「数珠の購入について教えてください。

主人が数珠を持っていないので、購入しようと思っています。
その場合は、主人の家の宗派を調べて購入したらいいのでしょうか?
また、私は独身時代から持っていたものがあるのですが、やはり嫁ぎ先の宗派の物を持っておいたほうが良いのでしょうか?
また、どんなお店で購入したらいいのでしょうか?」


これに対する回答のベストアンサーがこうでした。

「確かに、それぞれの宗派で「この形がよい・望ましい」というものがありますから、「可能ならば」その宗派用のものを求めれると良いでしょう。

しかし、多くの人が「略念珠」を用いているという現実がありますから、「略念珠」でも構わないでしょう。





●(男性用数珠の選択に関しての私見)

@大雑把に言えば、数珠には、「石」でできた物と「木」でできた物があります。(この際、プラ・人造石・ガラスも石に含む)

「石」は、重量感があり・高級そうに見えます。しかし夏は汗でベタつき感があり・冬は持つと冷たいのが欠点です。

「木」は、使い込むほどに色に味わいが出てきます。(白から茶になっていく)。また冬でも冷たく感じません。

※決定的に違うのは、「木」に比べて「石」のほうが「紐が早く切れる」(木の半分程度の期間で切れる)という点です。
(考えてみれば、重く・堅い石に接している紐が早く切れるのは当然なのですが、意外に盲点なのです)
というワケで「木」(彫刻や木の実製)をお勧めします。


A男性ならば、数珠玉が「大粒」なものが見栄えがします。

特に大柄な方は、大きな玉(粒)を求められるとよいでしょう。(大粒になるほど高価にはなる傾向がありますが)







●(あなたの数珠購入に関しての私見)
今、お持ちの数珠があれば、それを大事に使えばよいでしょう。わざわざ嫁ぎ先の宗派用のものに買い換える必要は無いでしょう。

むしろ、あなたが薄ピンク色(珊瑚)のようなものを現在お持ちならば、別の色の物をもうひとつ求めるのもよいです。

特に「黒」を持っておくと、「喪主の妻の立場」「親の葬儀」などには相応しいでしょう。




●(どこで買うか、について)

ある程度の規模の地方都市ならば、有名な寺院や別院の門前町に仏壇屋が何軒か並んでいます。(仏壇屋通りという)

その中に「念珠店」があればそこがお勧めです。念珠専門店は品数も多いし、切れた念珠紐や房の取り替えもしてもらえます。
なお、ご近所の仏壇仏具店であっても数珠は必ず置いてあります。

ただし、ネットでも沢山の数珠を選ぶことが出来ますので、こちらも是非ともおすすめ致します。
実店舗では、あれこれ取り出してみるのが気兼ねすると考える人は意外と多くおられます。
ネットなら、何処にも誰にも遠慮などする必要はありません!!


ペアでつけたい!念珠






●(どれくらいのものを買うか、について)

はっきり言ってピンからキリです。特に宝石類は何十万も珍しくありません。要は財布と相談ですが、1万出すと結構良いものが買えます。

また、そこそこの物を買っておけば、ご自身も長く大事に使おうという気が湧きますし、その結果愛着も湧きます。

逆に、1〜2000円の物ならば、紐が切れたときに補修をしようとするとかえって高く付きますから、消耗品と割り切りましょう。


中々良く分かる卓見だと思いました。
それなりの数珠ならネットで購入しても、勿論修理はバッチリしてもらえます。


数珠を消耗品と捉えるかどうかですが、日本に住んでいる限り数珠を使う機会は死ぬまであることは間違いありません。


となれば、やはりそれなりの数珠を用意しておけば、一生ものということで大切に扱うことも含めて良いのではないでしょうか・・。



ラベル:数珠の購入
posted by yasuucare at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠の購入について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
小さなお仏壇



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。