お香なら【香源香カフェ】

2017年01月14日

座禅とセクハラと数珠

座禅の修行にもセクハラが混じるとか・・?


座禅体験中のセクハラや体罰防止、過疎高齢化などによる檀家の減少、相次ぐ不祥事……。時代の変化や世間の厳しい目に応えようと、伝統仏教の各宗派が僧侶の教育に力を入れています。


底冷えする昨年末の朝、京都府宇治市の禅寺、曹洞宗興聖寺で催された座禅会では30人強が壁に向かって座り、警策を持った禅僧がその周りをゆっくりと歩いていました。
しかし、警策で肩をたたかず、姿勢を直すために体を触ることもないそうです。
 

座禅体験は近年、寺巡りとともに人気が広がっているが、トラブルの要因になりかねないからだとか・・。


警策でたたけば体罰、体を触ればセクハラ――。そのため希望者のみにしか警策を入れない。僧侶の不二門瑞秀さんは「少し前の感覚なら考えられないが、時代の流れに合わせて僧侶も変わる必要がある」と話すのです。


時代の変遷とともに考え方も変わり、寺院に対する目も異なってきました。
伝統教団の寺を取り巻く環境の変化で過疎高齢化や核家族化で寺を支えてきた檀家が減少しました。


そして代替手段の一つとしてインターネットによる派遣葬儀も広まり、寺の存在が危うくなりつつあるのです。


これらはお寺というよりも仏教に対する姿勢や考え方の変遷でもあると思います。
僧侶からセクハラを受けたというのはありうる話ですが、座禅の修行中に背中を触られたらセクハラとは?


こうした風潮は数珠を持つ手も震えようというものです。
数珠を持つ間は神聖な気持ちになるはずなのですが・・。
posted by yasuucare at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

18金のおりん

18金の仏具のおりんが注目されています。
というのも、株式などが先行き不透明で価値の下がらない金に投資先が向かっているとのことです。


世間の先行きを見る目が金に注目して金投資がじわり熱を帯びているのです。
それは、言うまでもなく世界経済への不安や低金利を背景に高値が続き、投資になじみの薄かった人が関心を寄せているからです。


だから、日本の国内では金貨や工芸品の販売も2桁ペースで伸びているのです。


金は金利がつかないが価値は消えないのが特徴です。
投資家のマネーが金に流れ、国際価格は年初比25%高いと言います。
円建て価格も同1割上がり、分散投資の対象として注目されているのです。

 
田中貴金属工業では1〜6月の金地金販売量が1万4917キログラムと前年同期比3割増えました。
7月以降は換金目的の地金の買い取りも増えているようです。

 
宝飾販売の富士養老の滝(東京・豊島)は展示販売による金工芸品の売り上げが1年で2〜3割増えました。


18金の仏具のおりん(約220万円)が売れ筋で「資産継承目的のシニア層が多い」(石川貴久常務執行役員)といいます。


見る人は見ているのですね・・。


ところで、数珠の高額品はないものかと探してみましたが、金の数珠などは一般品ではないようでした。




















posted by yasuucare at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

サツマイモとイモヅル

サツマイモをここ2,3年作っています。
孫がサツマイモ堀を大喜びなので、一緒に収穫する為です。


根のないイモのツルを挿し芽しておくだけですが1週間から10日で根が出てきます。
大したものですが、イモも生きるのに必死でしょう。
この間だけ畑が乾かないようにしておくのがポイントです。


サツマイモは根さえつけば、後は葉が生い茂るので草に負ける心配もなく病気にも強いのです。
1,2度肥料をやっておけば秋まで放ったらかしでも大丈夫です。
何とも便利な野菜であり主食であったのです。


今年も何とか根がついて葉の枚数も縫えて来ました。
2度ほど肥料をやっておけばあとは放ったらかしです。
結構楽をして楽しみが多いのがサツマイモでしょうか・・。



ところで、サツマイモのイモのツルのことだと思いますがイモヅル式という言葉があります。
見えないものが次々と関連付けて出てくること、あからさまになることを指します。


一方で数珠つなぎという言葉もあります。
こちらの方は犯罪者などを数珠球をつないだように縛ってつなぐことで、初めから見えているものをつなぐということでイモヅル式とは少し異なるようです。


案外言葉の壁もあるのですね・・。


P1000319.JPG
posted by yasuucare at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

数珠は何のため?

数珠は何のためにあるのでしょうか


数珠は、仏教の伝来とともに日本に伝わりました
日本でも数珠玉というイネ科の植物があり、秋に実を付けて数珠を作りました。
つまり、その実は熟すと表面が非常に硬くなり、黒くなってつやができるので将に数珠玉にぴったりだったのです。


古代のインドでは数を数えるために使っていたようですが、それが仏教に取りいれられたのです。
ただ、宗派によって数珠の意味は異なり、浄土真宗では仏前に礼拝するときの儀礼で用いられるだけです。


浄土真宗では、数珠を念珠と呼び略式の片手念珠を使います
房の部分には蓮如結びと言われる蝶々結びの様な細工があります。


その蓮如さんは、御文の中で数珠の一連も持たないようでは、仏を手づかみにしたようだ、と戒めています。
私のところのお寺さんは作法に厳しい人で、法事の時に念珠や聖典を畳の上に直接置くと必ず叱られます。
これは仏教に対する思いがそもそも違うのです。


ただ、お話を聞いたり数珠をもって手を合わせると何か身が引き締まるような感じがするのは間違いありません。












posted by yasuucare at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠の購入について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

神仏分離

神仏分離とは明治維新で王政復古が唱えられ、それまで同じように扱われていた神と仏を天皇を奉る精神から神道メインにしたものだと言えます。


それまでお寺が多少付け上がった考えのところもあり、途方もない戒名代を請求していたことなどがあって庶民には受け容れられやすかった背景もあります。


また、江戸時代には戒名をつけないとキリシタンと間違えられたということもあるようです。
物事はなんでもやりすぎると反発を食らうものです。


ともかく多くの日本人は寛容なので神であっても仏であっても拘らない部分もあります。
キリストやマホメッドの様に唯一の神がないというのも良い面があります。
少なくとも他を排するような考え方は生じません。
だから争いが少ないのです。


そんな日本にいるのですから初詣は神社でもお寺でも構いません
また初詣のはしごをする人もたくさんいます。
なんだかご利益がたくさんあって良い年になりそうな気がするものです。


初詣は三が日とか松の内に行くのが良いようですが、それにも拘らなくてもいいのかもしれません。


初詣で敬虔な気持ちになって新年の新たな意気込みが出てくればそれに越したことはないでしょう。
良いお年を迎えられることをお祈りいたします。


なお、お寺へ初詣に出かけられる場合には数珠をお忘れなく!








タグ:神仏分離
posted by yasuucare at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 数珠 選び方持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
小さなお仏壇